ぜったい、ぜったい幸せになる~~(ぴぇーん)😫

この度 婚姻届の保証人をやらせて頂きました。

私にも実の娘がおりますが(現在23歳年齢を考えても)
まだまだ結婚する気配などございません。

ただ、こうして結婚相談所を主催していると我が娘(元自会員)が嫁ぐ日がございます。
今回はその娘(元自会員)より婚姻届の証人になってほしいと言う依頼が来ました。

キャーーーーー責任重大だわ

嬉しい気持ちと責任の重さを痛感してます。

 

というのも 彼女はとっても、お騒がせ女子なのです。

さんざん一緒に泣き笑い…怒って凹んではーい…色々ありました。ありすぎました(笑)

今の彼と婚約破棄騒動の時は名古屋から彼女の住む川崎に駆けつけたこともあります。

そんなこんなで、やっとめでたく入籍の運び、仲人として感慨深いひと時です。

そして
お二人についついおめでとうを言いたくてラインを送りました。婚姻届って行政によって様々ですね(^_-)-☆

 

以下 こちらにも書いておきます。

嫁ぐ娘へのお手紙

Hご夫妻へ

こんにちは。
〇〇さんはご無沙汰しております。
小島です。このたびはご入籍、おめでとうございます。
ご証人とご指名いただき、嬉しさと半分責任の重さを痛感しております。
私自身、趣味の延長上でやってた仕事でしたが、ともちゃんとさんのご縁を結んだことからあれよあれよと言う間に
この仕事が忙しくなり、
今では天職だと思えるようになってきました。

そう、お二人が私の背中を押してくださったのです。

この数ヶ月の間、お二人はいろいろありましたが、それはお互いの「トリセツ」を製作期間であり
必要な事だったと私は理解しております。H原さんとさきちゃん、お互いの取り扱いがわかるようになれば
さらに、愛が深まる事まちがいないです。
僭越ながら私はお二人を見てると
お互い、ご自身が持ってないものに惹かれ、凹凸を埋めあっているようなご夫婦に見えます。
それこそがまさに、ベストカップルですね。
やはりお二人は、「運命の赤い糸で繋がれていたのかもしれません。

Hさん、ともちゃんいつまでも、いつまでも…お幸せにね。

Hさん○○とも子をくれぐれもよろしくお願いします。Hさんなら必ず、彼女を幸せにしてくれると、信じております。
さきちゃんは、彼を信じて「愛」を育んでいってくださいね。

追伸、これはぜひ
トリセツに追加してください。
○○ともこ、お腹がすくと機嫌が悪くなります。その時はおいしいものをごちそうしてくれればきっと解決です

 

このブログを書きながら ふいに 山口百恵のコスモスの歌が頭の中を駆け巡りました。
このラインを送った後、 そう娘(元自会員)から号泣したお声で電話が…
ぜったい、ぜったい、しあわせになる~~(ぴえぇーーーん)」(やっぱり)号泣