お1人お1人のSTORY

見事「恋愛結婚」された
カップルの方々をご紹介します

プロポーズはやっぱりロマンチックにですね

女性33歳【お相手36歳】

お見合い回数12回

婚活期間9か月

お見合いで出会い、真剣交際に進んでいくと、お互いのアドバイザーが、そろそろプロポーズ?する?される?
水面下で確認することがあります。男性は女性の心の準備ができていることに対し安心してプロポーズができるのでこれも結婚相談所のメリットと言えるでしょう。
彼女(私の会員様)と彼のお休みが、なかなか合わないので、思うようにあまりデートができなかったのです。
そんな中、彼のアドバイザーさんからプロポーズをしたいと言う連絡が私に入りました。
彼女に確認したところ、まだ彼に対して好きと言う感情はあるけど不安なので
まだプロポーズはお受けできません。との返事でした。残念ながた…と私がお相手のアドバイザーさんに伝えました。
その数日後、愛知県では有名なデートスポットでデートをしてたお二人。
アトラクションの教会に入り、たった2人だけになった、その時、彼はなんと「結婚してください」と言ったのです。
ところが彼女の返事は「喜んでーーお受けします!」美しい夕日がステンドグラスが引き立てせ、
それはそれはとても感動した風景だったと。
男性の皆様、とりあえず、プロポーズは当たって砕けろ気持ちで臨んでみてもいいかも!

どこからみてもステキ夫婦誕生

女性37歳【お相手42歳】

お見合い回数2回

婚活期間4か月

彼女の第一印象は、美人で聡明、スタイル抜群と非の打ちどころない素敵女子でした。
もちろんそんな彼女ですがら当然、彼もいたのですが(アプリで知り合った彼は世にいうソロ男
→ソロダン、結婚願望のない男性)結婚願望のない彼に別れをつげて、結婚願望があった彼女は私の相談所に入会したのです。
変なたとえですが、男女は市場経済の「物」とよく似ており、かわいくて性格の良い子は、早く売れてしまうのです。
安くてよいものは売れ行きがいいように。彼女もすぐ彼に見初められトントン拍子にプロポーズでした。夜景の綺麗なレストランで花束と一緒に差し出されたのは彼のクレジットカード。「限度額目一杯上げてきました」が彼のプロポーズ。
そう彼女は、とても女子力の高いおしゃれな女子なのです。一方彼はあまり服装に興味もない割とやぼった系の格好してました
彼は、指輪を買って失敗するよりは、彼女が気にいる指輪を買ってあげたいと考えたんだと思います。
今ではかわいいお子さんも生まれ一3人で幸せに暮らしている彼女。
先日彼女の家に遊びに行ったんです。ハリーウエストンの指輪が彼女の左手の薬指にキラリと光ってました。そして出会ったころは、服装が決してオシャレでなかった彼でしたが、今ではおしゃれ女子の奥様のおかげでとても素敵な紳士です。

一目惚れは、本能のなせる技

女性42歳【お相手男性38歳】

お見合い回数20回

婚活期間9か月

彼女からのモーレツアピールから始まったお二人。好きで好きでたまらないなら、そのまま突き進もう!お二人を見ていて強く感じました。世の中のたいていの女性は受け身の恋愛が多いだと思うのです。しかし本気で彼を落としたいなら、見栄やプライドはかなぐり捨てて後悔のないよう存分にアピールしましょうよと、彼女に寄り添ってて強く感じました。彼への手作りのお弁当を持参してピクニックに行き、常に彼をたてる会話をし、さりげなく愛情表現を口にする…そう、最初は彼女の彼への気持ちのほうが勝ってしましたが、お付き合いが進むにつれて、すっかり彼は彼女に夢中となってしまいました。男性でも女性でも「一目惚れ」をしたならばそれは本能のなせる技、つべこべ言わず本能のまま、突き進むことって大事ですね。今では〇〇子が大好きと彼のほうが夢中になってます。
先日もお二人ケンカをしたそうで、客観視すれば彼女が悪いと感じる内容でも彼は「〇〇子を怒らせた僕が悪いです」って笑っておしゃってました。

アラフィフ・アラカンも 婚活!

女性50歳【お相手男性59歳】

お見合い回数4回

婚活期間6か月

私の会員さんには子育てが一段落したり、お仕事が若い頃より落ち着いてきたので、婚活を始めようという方が数人おります。彼や彼女たちは、まず生活が落ち着き金銭的にも余裕ができ、人生折り返し地点に到達した時、このまま一人でいいのか?とふっと考えることが多くなるようです。そしてコロナでより、その思いが強くなると伺います。彼女は、友人も多くスキルある仕事を持ち、趣味も充実して、楽しく独身を謳歌していた中、婚活に飛び込んできました。彼女にとってびくびくドキドキの連続でした。4回目に出会った60歳の彼と会った瞬間から意気投合。居酒屋デートで愛を育んでいきました。プロポーズもお酒好きの二人はあまり記憶がなかったとか?(笑)彼は常に彼女のことを「かわいいかわいい」と言ってくれてるそうで、とても彼と居心地がいいと言ってます。彼女曰く「1人飯が多かった人生。これは生きて行くためのエネルギー補給であり、二人で頂くお食事がやお酒がこんなにも楽しく美味しいだと、つくづく実感してるわ」と。「普通の夫婦よりも一緒にいる時間は少なくても、その時その時が幸せならそれでいいの!後悔なく生きていくわ!」アラフィフもアラカンも元気ですよ!

オンライン(ZOOM)対応致します050-3553-4441受付時間 9:00-22:00 [ 不定休 ]

お問合せはこちら オンライン(ZOOM)面談に対応しております